Exterior

耐久性能の維持に外壁部分の塗膜は定期的に新しくする

屋根の防水性能を高めるための工事で雨漏りのリスクを軽減

万が一雨漏りが建物内で発生してしまっては、すでに基礎部分にまで雨水が浸水している可能性が高いかもしれません。そうなった場合、建物の耐久性を強化するためには、基礎部分にまで及ぶかなり大がかりな工事が必要になってしまいます。そのようなことになる前に、定期的に外壁塗装や屋根工事をしておくことで、建物への浸水被害を回避できます。そうすることが建物全体の耐久性維持になり、耐久性が高いと資産価値も相応に守られるため、このような観点においても川越市で外装部分の施工を受注してきました。

外壁塗装プラン(延床面積28坪基準)
多彩模様工法 窯業サイディング張り

730,000円〜

セラミック フッ素樹脂塗装

730,000円〜

ラジカル制御形ハイブリッド塗装

630,000円〜

屋根塗装プラン (屋根面積80m2基準)
高圧洗浄、養生、下塗り、中塗り、上塗り含む
※仮設足場含まず
ハイブリッドシリコン樹脂塗装

260,000円〜

セラミック フッ素樹脂塗装

295,000円〜

UV遮熱塗装

290,000円〜

外部リフォーム

安心丁寧な作業

随時更新いたします

coming soon...

いつどのようなことが起こるかわからないこのご時世、万が一急にリストラされて住宅ローンが払えなくなってしまったら、皆様はどうされるでしょうか。まずは一刻も早く仕事を決めつつ、住宅は売却するか、賃貸として貸し出してその利益から住宅ローン+自分達が住む賃貸の家賃を支払うか、どちらかを選択する必要があります。後者の方が長期的に見て自分達の収益にも繋がる可能性がありますが、予備知識なくいきなりスタートする際にもし不動産経営のメンターがいない場合は、売却を選ぶ方が無難かもしれません。

その売却においても、もし外壁部分の塗装や屋根工事の定期メンテナンスを怠ってしまうと、浸水被害で耐久性と資産価値が大きく低下して、かなり大規模な損失となってしまいかねません。これは賃貸として貸し出すにも大きなデメリットになるため、そうならないよう、10年に一度を目安に外装のメンテナンスを依頼することをおすすめします。